脱毛時の体勢

脱毛時の体勢

ワキや全身脱毛を同じく人気の高いハイジニーナ脱毛ですが、実際に施術を行う時にどんな体勢で行うのか気になるという人も多いのではないでしょうか。

 

ハイジニーナ脱毛の体勢は、脱毛サロンや美容クリニックによっても異なるのが一般的なようです。

 

Vラインの場合、仰向けになり肩幅くらいに足を広げて行います。
紙のショーツを着用する際には、照射の時にショーツをずらして処理をしてくれるようです。

 

Iラインの場合は、仰向け状態で片足だけ片膝を立てて行います。

 

Oラインの場合は、うつ伏せになって照射していくようですが、脱毛サロンによっては四つん這いの格好になって照射するところもあるようです。

 

やはり、いくら相手がプロだとしても他人に自分の大切な部分を見られるというのに抵抗がある人も多いかと思われます。

 

確かに、初めて施術を行う際には恥ずかしい気持ちがありますが2回3回と繰り返していくうちに徐々に慣れていくのと、施術の時は目を保護するためにゴーグルやアイマスクなどを装着して目隠しすることが多いようなので、それによっても羞恥心が薄れるとされています。

 

相手もプロですので、お客さんが緊張することなく様々な会話を交わしながら施術を行っていきますのであまり心配する必要はないといえるでしょう。

 

 

 

関連ページ

クリニックの医療レーザー脱毛
VIOのハイジニーナをはじめ、いろいろな脱毛や脱毛方法についてお伝えします。クリニックの医療レーザー脱毛について
デリケートゾーンの脱毛
VIOのハイジニーナをはじめ、いろいろな脱毛や脱毛方法についてお伝えします。